ベトナム料理

久しぶりに、フエとホーチミンに出張しました。

ハノイからベトナム航空で1時間のフライトでフエ空港着。フエ空港は一時封鎖(2013年3月20日から9月19日まで)して滑走路を3,000mに延長した結果、ジャンボも着陸できるようになったとのこと。観光インフラが整備されれば、ベトナムにおいて最初に世界遺産に登録されたベトナム最後の王朝、グエン朝の王宮他の建築群を抱える古都フエは、大きな発展が見込まれます。
今回フエで宿泊したホテルは新市街に最近改築されたEldoraホテル。これまでは、市内を流れるフォン川沿いの古いホテルを利用していましたが、今回教え子のフエ科学大学のファム先生にお願いして予約してもらったのがこのホテル。最近改築された4つ星ホテルで、部屋は広く、無線Wi-Fiも完備、朝食も充実した内容で、快適に過ごすことができました。
フエは宮廷料理が有名です。今回一番印象に残ったのは、フエ宮廷料理の一つバインベオ。5㎝くらいの小皿に米粉、タピオカ粉、水からなる生地を流し込み、皿ごと蒸し、蒸した上がった生地の上に、炒った乾燥エビとカリカリにローストした豚の皮がトッピングされます。ヌックマムベースのタレを垂らし、スプーンを使って生地を皿から剥がして食べます。カリカリの豚の皮の食感が絶妙で、箸が進みます。2人でこの量のバインベオを完食。

バインベオ

次に出てきたのが、バインナム。米粉とタピオカをペースト状にした生地に、海老のすり身をのせ、バナナの葉で包んで蒸した粽のようなもの。写真の上ように、バナナの葉を広げ、箸で生地を剥がして食べます。中々の味でした。

バインナム(左)とそれを広げたもの(上)

フエではビールといえばフーダビール。カールスバーグに買収されたとのことで、ラベルも以前とは変わっていました。(写真左)味はすっきりした味のビールに馴れている私にとってはもう一つでした。
写真の上に写っているのが、細かく刻んだ豚肉、海老、野菜のいためものを煎餅に乗せて頂く一般的なフエ料理。